株式投資で勝てない人を励ますための優しい嘘。

84.「今稼いでる人は皆、大損して退場を考えるほど追い詰められてから開眼した」は嘘

株式投資に関する有名な都市伝説の一つに「今株で稼いでる人はみんな、昔、初心者の頃に大損して退場を考えるほど追い詰められてから能力を開花させた」というものがあります。

が、これは嘘です。私は最初からそこそこ株で勝てていました。もちろん失敗して損失を出すことはありますが、退場を考えるほどの大損をしたことは一度もありません。

そして、これは私が特殊なのではなくて、他の人でも「こういう都市伝説があるけど、退場を考えるほどの大損をしたことはないなあ。今、数千万あるけど」みたいなことが書かれているブログを見たことがあるので、これは本当にただの都市伝説であって、最初から株でそこそこ勝てる人は、最初から株でそこそこ順調に勝って資産を増やしていくと思います。

個人的にはむしろ、退場を考えるほど追い詰められてから能力を開花させる人の方が珍しいのでは?と思います。

だから多分この都市伝説は、今株で勝ててない人を励ますために作られた優しい嘘であって、事実ではないと思う。

知らんけど。

次回、85.お金持ちになるための基本は独学