お金は大事だけどそれ以外も大事。

67.お金持ちにもお金にコントロールされている人がいる

なんか世の中でよくこんな話を聞きます。

  • 貧乏な人はお金にコントロールされている
  • お金持ちはお金をコントロールしている

ただ、実は世の中にはお金持ちなのにお金にコントロールされている人も結構います。

「お金」というのは「自分の人生の幸福を増やすために使うもの」もしくは「自分の人生の不幸を減らすために使うもの」です。

つまり「お金」というのは手段であって目的そのものではないのです。

世の中のニュースを見てると「政治家が賄賂(わいろ)をもらって逮捕」とか「理事長が裏金を作って逮捕」みたいなものが結構あります。

政治家とか理事長って多分一般の人よりも充分お金持ちなのに、それでも賄賂をもらってしまうんだなーと思います。お金を得るために罪を犯している時点で、その人はお金をコントロールしているのではなくお金にコントロールされていると思います。

なぜなら罪を犯している時点で、逮捕されるリスクが発生しているからです。つまり、「自分の人生の幸福を減らす」リスク、「自分の人生の不幸を増やす」リスクをとってまで、「お金」を手に入れようとしているのです。お金を「目的」としてしまっているのです。

もう一度言いますが「お金」というのは「自分の人生の幸福を増やすために使うもの」もしくは「自分の人生の不幸を減らすために使うもの」つまり手段であって目的そのものではないのです。

世の中にたまに「悪いことをしなければお金持ちになれない」と誤解をしている人がいますが、お金持ちになるために必要なことは「リスクを取ること」であって「悪いことをすること」ではありません。

悪いことをせずとも、リスクを取れば法律を守りながらお金を得ること、お金持ちになることは可能なのです。

だからみんなもいつの間にか「お金」が手段ではなく目的になってしまわないように気をつけてね。

次回、68.なぜFIREは失敗するのか