ファンダメンタルズ分析投資とは。

6.ファンダメンタルズ分析投資とは

ファンダメンタルズ分析投資とは、企業の業績を元に、成長性や株価の割安性などを根拠に行う投資手法のことです。主に長期投資で使われます。

『ファンダメンタルズ分析』という名前を聞くと、企業が出す決算資料を分析して投資を行うため、ある程度の専門的な勉強が必要という印象を受けてしまうかも知れませんが、基本的なファンダメンタルズ分析は、PERやPBRなどの指標を見ることで簡単に判断できます。また、インデックス投資は最も安全で確実であり、株のプロでさえインデックス投資の成績に勝つのは難しいと言われていますが、例えば全上場企業をPERを基準に割安な順に並べた後、一番割安なグループをAグループ、二番目に割安なグループをBグループというふうに、等分に10のグループに分けた後、Aグループに投資をした場合、インデックス投資よりも成績が良い投資となることは広く知られています。また、これはPBRの場合でも同様です。また、世界で一番株式投資で成功したウォーレン・バフェットという人もファンダメンタルズ分析投資家であることが知られています。

億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術っていう本にファンダメンタルズ分析の基本的な考え方が載っているので、これからファンダメンタルズ分析をしよう、っていう人はぜひ読んでね。

この本、表紙だけ見ると分厚そうな本だけど、実物を見るとわかりますが、むしろ一般的な書籍よりも薄い本です。

この本に出てくる「EPS」とは、四季報の「1株益」のことです。

次回、7.私がファンダメンタルズ分析投資を選んだ4つの理由