投資に失敗した場合は撤退してダメージを少なくする。

24.常に撤退戦を想定しろ

成功率100%の投資案件は無い。予想外は起こりうる。だから投資経験者はどんなに自信がある投資でも、常に投資に失敗した場合の撤退戦も想定している。

でも投資初心者の場合「この投資は絶対に勝てるぞ」と確信した時点で撤退戦を想定することを放棄する。それどころか「投資に使ってはいけないお金」さえも投資に使い始める。なぜなら彼の中ではこの投資は100%勝てることになっているからだ。

彼はいくつもミスを犯している。

  • 予想外、想定外のことはいくらでも起こりうるということが理解できていない
  • 投資する場合は常にその投資に失敗した場合の撤退戦を想定すべきなのに想定していない
  • 「投資に使ってはいけないお金を使って投資する」ことが株で大損する典型的な行為の一つだということを知らない
  • 「投資に使ってはいけないお金を使って投資」している時点で、自分が冷静になれていないこと(その投資に過剰に熱くなっていること)に気づいていない

彼は投資に失敗して大損し、借金を抱えた状態で思うだろう。「100%勝てる投資だったのに、ものすごく運が悪くて自分は投資に失敗してしまった。今回のような特別な事情がなければ、普通はこの投資には勝てていたのに」と。

だが、株式投資の世界で長く生きている人にとって、これは株式投資初心者の典型的な失敗なのだ。こういう話は山ほどある。あなたが経験する前から、何度も同じような話を聞いたし、そしてこの話はあなたで終わりではなく、これから先も無知な投資初心者が株を始めた頃に何度も犯す失敗なのだ。

そもそも投資初心者のあなたが勝手に「100%勝てる株」だと思ってるその株は、単に話題になってるだけの株で、全然勝率が良いわけではないやつだよ。

もちろん株式投資の世界で長い間生き残っている人も「これはかなり高い確率で勝てる投資だぞ」という案件を見つけることはある。それでも常にその投資に失敗した時の撤退戦は想定しておくものだ。予想外、想定外のことはいくらでも起こりうるのだから。

偉い投資家の方も言っています。「まず生き残れ。儲けるのはそれからだ」。

次回、25.株式投資は「ルール」と「我慢」のゲーム