やっぱインデックス投資が一番無難。

75.姉に教えた投資法

確か今から8年とか9年前、結婚した姉に「そろそろ資産運用とかしようと思うんだけど、なんか良い投資ある?」って聞かれて、私が教えたのはインデックス投資だった。

確か当時は貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメントと、たまたま持ってたインデックス投資特集の雑誌を姉に渡して「インデックス投資っていうのがいいよ。インデックス投資って名前だけ聞くと怪しいけど、ちゃんとした投資だから。その本にやり方書いてるから。分からないことあったら聞いてね」って言ったら、最終的に「貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメントはいい本だから私にちょうだい」と姉に本をあげる羽目になって、自分用に同じ本を再度買う、みたいなことがあったのを覚えてる。

あんまりちゃんとは覚えてないけど、貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメントには「一年に一度上がりすぎたインデックスAを売り、下がりすぎたインデックスBを買って元々の最初に決めたポートフォリオの配分に戻すと良い(これをリバランスという)」みたいな説明(参考:2.インデックス投資とは)が無いんだっけ?そのやり方だけ口頭で教えた気がする。

てっきりどのインデックスを買うかとかどういうポートフォリオ配分にするかとかを色々凝るのかと思ってたら、本当に純粋に「結婚したし、そろそろ資産運用とか考えた方がいいのかな」と考えてみただけで、投資自体には全く興味が無かったっぽくて

  • 国内株式(確か日経平均)25%
  • 先進国株 25%
  • 国内債権 25%
  • 先進国債権 25%

っていうまさに教科書通りのインデックス投資を行なって、一年に一度、姉の誕生日の時にリバランスしてるそうだ。

ちなみに株50%、債権50%のポートフォリオをカウチポテトポートフォリオというらしい。姉に教わった。へー。

結果、具体的な数字は聞いてないけどそこそこ儲かってるらしくて、よく感謝されてる。姉の旦那さんにも感謝されてる。よかった。(まあ、当時はアベノミクス中盤で何買っても儲かったけど)。

というわけで皆さんも「なんかいい感じの投資法ない?」って誰かに聞かれたら基本的にインデックス投資を教えるといいよ。「年利は3%から6%くらいだよ」っていう情報もあわせてちゃんと伝えてね。ほんとインデックス投資が一番無難。

だから国が国民に「つみたてNISA」を勧めてて、「つみたてNISA」がほぼインデックス投資の投資信託ばかり(一部例外あるけど)なので「国はちゃんと真っ当な投資方法を国民に勧めてて偉いな」と思うし、投資にアレルギーがある人によって「つみたてNISA」を国家ぐるみの詐欺だと思われ非難されてるのを見ると「頑張ってるのに勘違いされて、すごい可哀想」と思います。

このサイトを見て投資で勝ってる人は「投資はちゃんとリスクとリターンのバランスを取って投資すれば、誰でもそこそこ儲かることができるし、個別株のやり方を教えてもいいんじゃない?」と思うかもしれませんが、個別株に手を出すとマジで一定数冷静でいられない人が現れる(参考:41.株で大損する人の典型的な行動)のでやめた方がいいよ。

今まですごい冷静で論理的だと思ってた人が、「この株は100%勝てるから」と血走った目で株に使用してはいけないお金を使って投資し出すのを見たくないでしょ?どんなに冷静で論理的な人でも、株に手を出した途端やばい人になることは普通にあるからね。

だから本当に株を人に教えるのは気をつけて。基本的にはインデックス投資だけを教えるようにね。

次回、76.基本的には「小型株」「割安株」が良い